2017年度 Flecha実業団チーム体制のご報告

2017年度 Flecha実業団チーム体制のご報告

日頃はFlechaへの熱いご声援賜り、誠にありがとうございます。
2017年度 Flecha実業団チーム体制のご報告をさせて頂きます。
20170219_01
ー登録選手ー
花嶋 泰弘(53才)
村松 息吹(17才)
秋田 圭佑(13才)
池田 海斗(13才)
堀江 一葉(13才)
川田 翔太(12才)

ー監督ー
篠原 浩一

以上の6名のメンバーを中心に活動を行って参ります。

尚、2016年度メンバー登録を行っておりました、四家 弘貴、木村 皆斗、篠原 輝利の以上3名については、クラブメンバーとして弊チームに所属を続けますが、四家 弘貴はスミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ所属として、篠原 輝利はボンシャンス所属として、木村 皆斗は高校進学し高体連登録となる予定です。

2017年も他にはないユニークなチーム活動を行って参りますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

Flecha代表  南野 道宏

2017年度 Flechaユーストライアウト

2017年度のFlechaユーストライアウトを実施致しました。
20170102_1
まずは、篠原監督から本日の予定を説明。
スタート時間を指定し、それぞれの時間にあわせて準備をします。
レースの際にスタート時間に合わせて準備する癖付けさせるのが目的です。
いつも親御さんやチームメイトが居るとは限りませんので、自分で残り時間を考えて準備をする事も練習です。
20170102_2
今回は、池田海斗くん(中学1年生)と川田翔太くん(小学6年生)の2名がトライアウトに挑みました。
20170102_3 20170102_4

また、既存ユースメンバーで秋田圭佑くん、堀江一葉くん、村松息吹くんも同条件で実施。
20170102_5
チームメイト間での力関係を年の初めに明確にしておきます。
来年はどうなっているでしょうね。
20170102_6
最後に結果発表です。
全員合格となりました!

さぁ、今年もガンガン行きますよ!

2017年度の体制は改めてご報告させていただきますので、少々お待ちください。

SPIN株式会社様よりケミカルサポート頂く事になりました

この度、SPIN株式会社様(東京都港区)より弊チームへのケミカルサポートとして、オイル・グリス関連商品をご提供頂く事になりました。
20160731_1_1
早速、ご担当の深谷様が直接弊チームガレージへお越し頂き、メカニック担当の理事 Doraへ各商品の特性やより効率的な使い方、管理方法等についてご説明頂きました。
20160731_1_2
今後、チームメンバーの自転車メンテナンスに使用させて頂きます。
皆さまもぜひお試しくださいね!

JCRC第1戦リザルト・ランク確定

先日、Flechaより3名が出走しました、JCRC第1戦 日本CSCのリザルトとランクが確定しました。

篠原輝利 Dクラス   2位 → Cクラス昇格
木村皆斗 Xクラス   2位 → Cクラス
四家弘貴 Xクラス 10位 → Dクラス
20160326_17

JBCF主催 JCF公認チームアテンダント講習会

東京都品川区の大崎第一地域センターで開催された、JBCF(全日本実業団自転車競技連盟)主催 JCF(日本自転車競技連盟)公認チームアテンダント講習会に、代表理事 南野道宏、理事 篠原浩一が出席しました。
20160206_1 20160206_2
2016年よりJBCF主催レースには必須になるとの事で、各選手に主に帯同する事になる2名が受講し無事修了証を頂きました。

2016フレッシュ出走決定!

2016年4月30日に開催される、ランドヌ東京主催のフレッシュに、Flechaメンバーが出走する事が決定しました!
「Fleche」(フレッシュ)はチーム名の語源でもあり、出走は設立当初からの一つの目標でした。
通常のブルベと違い、三人から五人のチーム構成で、24時間で360km以上をチームメンバーと一緒に走りきらなければならないと言うものなので、一人では出走すら出来ず、300km以上を一緒に走れる力も信頼関係も必要です。
今回のおおまかなコースは、JR仙台駅(宮城県)から国道4号線を南下し、JR武蔵小杉駅(神奈川県)付近までの約370kmとなります。
メンバーは、南野道宏、篠原浩一、及川哲成、大林明日香の4名で挑戦です。
それぞれ過去のブルベで、300kmの時間内完走経験を持っていますが、フレッシュは全員初出走となります。

チーム一丸となってチャレンジ致しますので、応援よろしくお願い致します。

「ひるくらいむ」様にチラシ掲示頂きました!

いつもFlechaがお世話になっている、筑波山麓のサイクリスト御用達のお店「ひるくらいむ」様に、Flechaの「チームメンバー募集」と「ユースサポートメンバー募集」のチラシを掲示頂きました。
20151218_1
いつもありがとうございます。
20151218_2
ご来店の際にはぜひご覧頂ください!

Flecha ユースチーム発足のお知らせ

2016年度より、新たにFlechaユースチームを発足致します。
20151201
現在、ジュニア・ユース世代の自転車競技における環境は、他の競技に比べてかなり競技を始めるにも継続するにもハードルの高い競技です。
始める際には、自転車や用品の購入が必須となってしまいます。
また、周りに居る自転車乗りはみんな大人ばかりとなってしまい、競い合う同年代も身近におらず一人だけで高いモチベーションを保つ事は大変困難な状態です。
これではせっかくの才能も埋もれてしまう事になり、非常に残念な事です。

主なマイナス要因としては、
①練習場所が無い。(公道は子供だけでは危険)
②自転車・パーツ・用品等に毎年お金がかかる。(成長期の為サイズが変わる)
③レース数が少ない。遠い。(特に2016年以降)
④レース会場への移動費が高い。(大人の同伴が必要)

私達は、普段から3名(2015年12月現在)の小中学生メンバーと一緒に活動していますが、子供達から非常に多くの事を教えてもらいました。
その中で特に大事なのは【常に競い合う相手が必要】という事です。
身近に競い合う相手がいる事で、お互いが切磋琢磨するようになり、練習やレースに対しての意識が高い状態を維持する、結果成長スピードが加速して行くのだと思います。
これは、一緒に活動する大人達にも良い影響を与えていて、「子供達に負けてられない!」と言う気持ちや、「子供達を応援したい!」と言う気持ちに繋がっています。

各地域のレース会場で思うのは、「いつもレースに参加しているメンバーが一緒」という事です。
この狭い環境でいくら強くても日本全体ではまだまだですし、手を抜いても勝ててしまうようになると、それ以上の成長が望めなくなります。
その為には、より強い相手と競い合える環境が必要であり、それを提供する事が私達大人がしてあげるべき事であると考え、「私達自身でユースチームを発足する」事になりました。

現在、安全に練習が出来る環境の整備を他団体と一緒に構築中です。
こちらが完成すれば、少なくとも月1回はレース形式での練習が行えるようになる予定です。

私達は、自転車競技に挑戦する子供達を応援したいと思っておりますので、一緒に成長・挑戦したいという子供達も募集しておりますので、ぜひ一度お問い合わせください。一緒に頑張りましょう!