第11回セオサイクル・サイクルフェスティバル

千葉県袖ケ浦市の袖ケ浦フォレスト・レースウェイで開催された「第11回セオサイクル・サイクルフェスティバル」にFlechaメンバーが出走しました。

リザルト
木村皆斗 中学生カテゴリ  優勝
池田海斗 中学生カテゴリ  4位
堀江一葉 中学生カテゴリ  5位
秋田圭佑 中学生カテゴリ  6位
川田翔太 キッズ3カテゴリ  2位

20161126
優勝した木村皆斗よりレポートが届いています。

20161126_2

親子チャリダーライフ

———木村皆斗のレポート——————————————————————————–
セオフェスのレースリポートです。

大変有り難いことに川田さんに会場まで送って頂けることに…
ありがとうございました!
そしてサクッと会場の袖ヶ浦まで到着。
恒例の泥道でピットまで…
フレーチャのピットはどこかな?と探すもまだ誰も到着していなかったらしく自分たちでピットを作ることに。
しばらくして他のメンバーの方々が到着。
レース一時間前まで適当に暇を潰したり応援したりと楽しく過ごします。
そして一時間前にアップ開始。
すると佐倉高校自転車競技部の石倉さんが。
イナーメの北野さんも来る予定だったのですがチェーントラブルだそうです…
無念
石倉さんのいる前で優勝出来なかったらヤバイ…という思いでレースに挑みます。

気がついたらレーススタート。
そしてみんなフラッフラ。
レース出るなら最低限真っ直ぐ走る技術orさがる勇気がなければダメですね。
えらいフラッフラのダンスのような集団で只々周回を重ねていきます。
あまりにも酷かったので抜け出そうとちょっと踏むと脚に違和感。
一瞬で原因は気付きました。アップたりてませんでした。
お喋りに夢中になって疎かになってしまっていたのかもしれません、、、
なんてこった。馬鹿だ…
おとなしくしながら最終周回まで。
そして動きもなくお決まりのスプリントパターンへ。
最終コーナーで一人かけたので一瞬で追い付いてそのまま独走に。
そのままゴール。
とりあえず優勝出来て安心。
ほっとしながら出店で注文して作ってもらっている最中に表彰式がスタート。
お店に弁当を置いたまま表彰式へ。

考えてみれば二連覇でした。
嬉しい!
例の如く賞品は異常に豪華。セオさん、ありがとうございます。
ほとんどサービスのような参加する側にとっては最高なレースでした。
頂いた賞品を物色していると見慣れない保証書が。
よくみると2位に渡されるブリジストンのママチャリの保証書、、、、
急いで運営の方に届けて一件落着。
入れ間違いはあれだけ数あると仕方ないですね。

そして放置していた弁当をとって昼食。
パクチーオイチー←うわなんやこいつ

沢山の応援メッセージやお祝いのメッセージありがとうございました!
これからもよろしくお願いします。

機材を提供して下さっている
リンク東北様
SPIN様
花嶋さん、ありがとうございました!

そしてポジションを見てださっている
COSMOS performance コーチング様ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>